FC2ブログ
  • プロフィール

    熱血strikers

    Author:熱血strikers
    熱くなれstrikersへようこそ!

  • FC2カウンター

  • 最近のトラックバック

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/07/23(Thu)

運を呼び込む・運を使う。


歴史が浅く経験のないチームを、ゼロから動かすのはとても大変です。
なかなか運が向いてこない!
どうしてだろうか、それは運が向いてくるだけの事をしてない(溜めてない)からです。
普段の学校・家庭での生活、練習の取組、考え方・態度、それらが揃い整わないといけません。

一つひとつ、前向きな小さなことを積み重ね溜めていく。
気を付ける事は、この積み重ねは油断をすると一瞬で無くなってしまいます。
自分の油断以外にも、他人の影響でも無くなってしまいます。
注意を払い、溜まった時に運が向いてきます。

イメージ(想像)できますか?
運を積み重ね溜めるとは?
バケツにスプーンで水を溜める様なもので
非常に大変なことと想像が出来るでしょう。
油断とは?他人の影響とは?
つまずいて蹴飛ばしてしまうようなことです。
そして他人が、バケツの存在に気付かず蹴飛ばしてしまう様なこと。
倒れたら一瞬で無くなってしまうでしょう!
そしてバケツが一杯になったとき、運が向いてくるのです。

大きな事に運を使いたい、向けたい場合は入れ物を大きくすればいい。
しかし大きくなった分、一人では大変ですね、
そこでみんなの力・協力が必要になってきます。
1つのスプーンより5つ、5つより10と言うように多ければたくさん集まります。
また、人数が多くなる分、油断しこぼしてしまう危険も大きくなり、より注意が必要になります。

その入れ物とは「人」です。
人を大きくするには?
覚えていますか5つの事を?
「・・・」「・・・」「・・・」「・・・」「・・・」
常に頭に入れて行動すれば大きくなり、溜まって行きます。

練習に来ているときは、靴やバッグを揃え、脱いだ服をたたみ、テキパキと動いていますが、
肝心なのは練習以外の時間です。
練習は週に3日、時間にして約8時間しかなく、学校や家庭にいる時間は160時間、
20分の1に過ぎません。
そのことからも分かるように、練習以外の時間をしっかり過ごす事がとても重要です。

リラックス出来、わがままが言える時にこそ溜まります。
みんなが行動できることを期待しています。

簡単にいうと、練習以外の時間に5つの事「感謝」「思いやり」「優しさ」「礼儀」「挨拶」を常に頭に置いて、
みんなが実践することです。




スポンサーサイト
Home | Category : ドッジボール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/02(Thu)

ハリネズミのジレンマ

チーム内で気持ちの行き違いで、ぎくしゃくしたところがあり
色々と解決策を探っていたところ「ハリネズミのジレンマ」という講話に出会いとても参考になりました。


「ハリネズミのジレンマ」
 『二匹のハリネズミが冬山で嵐に会い遭難しました。このままでは凍え死んでしまいます。困った二匹のハリネズミはどうしたらいいか必死に考えました。「そうだ、身体を寄せ合ってお互いの体温で温めあおう」と言って二匹のハリネズミが抱き合いました。しかし互いに体の針が相手の体に刺さり、傷つけ血を流してしまいました。お互いの針で相手を刺していたのです。
しかし離れると凍え死にます。近づき過ぎると傷つけます。どうしたらいいのでしょう。何回も何十回も痛さと寒さを我慢しながら近寄っては離れ、離れて近づいていました。そうこうしているうちに、お互いを傷つけることなく凍え死なない「いい距離」を見つけ、嵐が収まるまで寒さを凌ぐ事が出来て二匹のハリネズミは助かった』という話です。



自分をハリネズミに置き換えて考えてみよう。
友達と近づき過ぎてお互いに傷ついたりしていませんか?
(たとえば強い口調で呼んだり、命令したり、ふざけ半分でたたいたりとか・・・)。
また、逆に離れたら一人ぼっちに感じ、寂しくありませんか。

これは相手が悪いんじゃなく、距離が悪いんです。
そして寂しくなるのは距離が離れすぎだからです。
お互いの“いい距離”を見つけだす事が必要で
距離だったら自分の努力で出来るはずです。
探す努力をすればきっと見つかります。
それを今覚えてしまえば、みんながこれから先、
中学・高校・大学・社会人になっても“いい距離”を見つけることができます。

学校での生徒と先生の関係、大人になっての部下と上司の関係もそうです。
先生と生徒の距離が近づき過ぎて友達感覚もおかしいし、
離れすぎてよそよそしいのもおかしい。やはり“いい距離”が必要です。
クラブの監督とメンバーの関係も、親と子の関係も同じです。
今まで、人間関係で悩んでいたことが“いい距離”を見つけることにより解決するかもしれません。

“いい距離”を探すヒントは
「親しき中にも礼儀あり」「相手の立場になって」「思いやり・優しさ」「感謝」です。


この先、人間関係で悩むことが起こった場合は、このハリネズミの話を思い出してみてください。





Home | Category : ドッジボール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。