• プロフィール

    熱血strikers

    Author:熱血strikers
    熱くなれstrikersへようこそ!

  • FC2カウンター

  • 最近のトラックバック

  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/04/30(Fri)

努力・感謝

人はなぜ努力しなくてはいけないのか。
なぜ頑張らなければいけないのか。
なぜ感謝しなければいけないのか。


二宮尊徳の詩から見つけました、

「報徳訓」
父母の根元は天地の令命にあり
身体の根元は父母の生育にあり
子孫の相続は夫婦の丹精にあり
父母の富貴は祖先の勤功にあり
吾身の富貴は父母の積善にあり
子孫の富貴は自己の勤労にあり
身命の重陽は衣食住の三つにあり
衣食住の三つは田畑山林にあり
田畑山林は人民の勤耕にあり
今年の衣食は昨年の産業にあり
来年の衣食は今年の艱難にあり
年年歳歳報徳を忘るべからず

要約すると
「世の中は自分ひとりで生きているのではなく自然、両親、先祖、他人があり、自分の行動によって身の上が決まり、またその行動は子孫や他人にまで波及していきます。感謝、努力、善い行いに努めてください。」


詳しい意味はWebや本で調べてください。
調べたらなら、感じとり、行動してください。

みんなの成長を信じています。



「絆」
「目標」「計画」「実行」「修正」

スポンサーサイト
Home | Category : ドッジボール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/04/20(Tue)

神様は観ている。


神様は、みんなにチャンスを与えてくれるが
怠けている人、がんばっている人、誰にでも平等に与えてくれるわけではない。
自分でがんばり、努力し、やり続ける事が大事。
神様が認めた人へチャンスを与え、上のステージへと引っ張ってくれます。


『がんばる』とは少し無理すること 
『努力』とは人の3倍行い、続けること
真剣に向き合い、取り組んで、がんばりが続いているかを
神様はじっと黙って見ています。


当たり前のことを当たり前に続けられる人にチャンスが与えられ
それを者にでき人が伸びていく(強くなっていく)。


たまたま強ったんじゃない!
強くなって当たり前のことを、この1週間でやってきたからだ!
負けて当然、私を含め自分たちは1日を通して胸を張れる行動だったのだろうか?
勝つ工夫を考えていたのだろうか?
神様が上から見ていたら、勝利を決定するとき、どちらの人を選ぶと思う?
どちらを応援したいだろうか?  


最後の最後に選んでもらえる行動をとろう。


人は失敗する。失敗の連続、しかし失敗の後が大事。
失敗して初めてダメなことに気付き反省し
今度は失敗しないように、工夫をする。
そうして成長していく。失敗をチャンスに変えて成長する。


これも神様がくれたチャンス!
実はまだ見放されてはいない。
これをどう生かすかはこれからの行動次第。
自分で考え、自分で決め、自分から行動してほしい。


1日の行動を変えられなかった自分も大いに反省です。





「絆」

「目標」「計画」「実行」「修正」

能力×熱意×考え方 = 成果





Home | Category : ドッジボール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/04/12(Mon)

初優勝


4/11日佐野市たぬまアリーナで行われた「KAIRIN杯」に参加し
県外の大会で初めての優勝する事ができました。

KAIRIN優勝


例年は「あすなろ杯」「県新人戦」に参加してからでしたが
今年は「KAIRIN杯」が新チームとして初めての大会でした。
そのため、勝ちよりも自分たちのプレーにこだわりました。
それは予選同組にサンダーボーイズ、大谷ブルーウィンズ、浜田フェニックスと
毎年大会の上位へ上がってくるチームとの対戦となったからです。

表彰式


予選
1試合目
サンダーボーイズ戦 10-7で勝利

2試合目
大谷ブルーウィンズ戦 9-9で引き分け
公式戦で初めて大谷さんに負けませんでした。

3試合目
浜田フェニックス戦 11-0で勝利
予選を1位で通過


決勝トーナメント
1回戦
新里フェニックス戦 11-9(サドン)
昨シーズンから完全持ち上がりのチームで独特のリズムを持っていて
常に新里さんのペースでした。

準々決勝
プニーズTERAO戦 10-8
近い事もあり、前日に交流戦をしたチームで勝ったり負けたりしています。
今回は運よく勝つことができました。

準決勝
大間々町八区子供会戦 9-5、10-6
内野のアタッカー2人がカットなどもこなし、勢いよく攻撃してきました。

決勝
バイオレンス国田 7-10、11-5、11-6
ディフェンス、オフェンス共にバランスよく、常にコート全体を動き
運動量が多かった。


予選はアタッカーが頑張り、トーナメントではディフェンスが頑張りました。
中でも大事な場面での4・5年生のキャッチが光りました。
勝つ事によって多くの進化も見られました。
やっぱり、勝つ事によって成長するんだと改めて感じました。

今回は優勝する事が出来ましたが、シーズンのスタートであり
気持ち、体調、技術、父兄さんの全てがかみ合った結果です。
勝てる事は分かりましたが、約束された訳ではありません。
他のチームと差など無く、もっとレベルを上げていかなければ直ぐ差が開いてしまいます。

気持ちを新たに練習に取り組んでいこう。


スタンドからは、保護者のお父さん、お母さんが相手チームの横断幕の前で
完全アウェーの中、いつも以上に大きな声援で声援いただきました。ありがとうございました。
凄いパワーをもらいました、新チームをこれからも応援してください。

また、応援いただいた佐野小のチームの皆さんありがとうございました。
4/24もよろしくお願いします。



「絆」


Home | Category : ドッジボール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。